スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)| このエントリーをはてなブックマークに追加 |

口内炎の辛さは異常

1:チンマ(茨城県):2010/05/30(日) 21:03:25.60 ID:oB5cv9Jg

口内炎は「疲れ」のサイン

いつの間にかできている厄介者
気がつくと口の中にできている厄介者“口内炎”。
放っておいても治るものがほとんどですが、食事のたびにしみて痛いし、気になっていやなものですよね。
なかにはひんぱんにできて「また口内炎か!」と憂うつになる人もいるのでは?
口内炎は、口の中の粘膜に起こる炎症状態のこと。白い膜状のものができて触ると痛みがあったり、
ただれて赤くなったり、食事をするとしみて痛んだりと、症状はさまざま。
直径わずか数ミリから1センチ程度のものなのに、とても気になります。ときには激痛が走り、
集中力が低下して仕事が手につかないことも。
ほおやくちびるの内側、舌の縁などを噛(か)んでしまったり、とがった食べ物で口の中や歯肉を傷つけたり、
やけどや辛い食べ物などの刺激からできることもありますが、
かぜや疲れなどで免疫力が落ちているとできやすくなります。また、ビタミン不足やストレスも原因に。
ストレスや過労などが引き金に

最も一般的にみられるアフタ性口内炎は、触ると痛い、すっぱいものや塩辛いものがしみると痛みが増すという特徴があります。
口の中がしみて痛む程度から、ひどくなると、しゃべりにくい、飲み込みにくいといった症状が出ることもあり、若い人に発症しやすいようです。
原因はよくわかっていませんが、睡眠不足や過労、ストレス、不規則な食事など、心と体の疲れが引き金になることがよくあります。
たいていはそのままにしておいても7日から10日間ほどで治りますが、再発することも少なくありません。
大きくならず数も少なければ様子をみてかまいませんが、痛みが気になるときは受診しましょう。また、なかなか治らなかったり、
何度も繰り返すような場合、まれに大きな病気が隠れていることもあります。とくに再発性のアフタ性口内炎は、ベーチェット病という皮膚症状、
眼症状、外陰部潰瘍などを伴う全身性の炎症性疾患(膠原病周辺疾患)のこともあるので、念のため内科を受診するとよいでしょう。

http://health.goo.ne.jp/column/healthy/h003/0067.html



29:ヘビギンポ(石川県):2010/05/30(日) 21:07:47.56 ID:jekUtPl7

口の中をよく噛むくせに噛んだ場所が必ず口内炎になるっていう・・・
どうにかならんのこれ?



23フジクジラ(長屋):2010/05/30(日) 21:06:58.75 ID:+SlDNaGO

もう一度ガリッてやったときの絶望感は異常



30:クロタチカマス(catv?):2010/05/30(日) 21:07:58.90 ID:RYiR7ZIN

>>23
一瞬時が止まるな



口内炎の辛さは異常
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1275221005/
[ 2010/06/15 20:00 ] 医学 | Comment(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |

コメントの投稿






トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク

プロフィール

メールがこない人

管理人:メールがこない人
彼女からいつメールがくるんだろうか。

4/6
地味にTOP絵募集しております。
詳しくはこちら↓
はじめにお読みください(当ブログについて)

質問、要望ありましたら↓

メールフォーム



相互リンク・RSS大歓迎です。
連絡お待ちしております。

この日記のはてなブックマーク数
検索フォーム
逆アクセスランキング
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 彼女からメールが返ってこないブログ
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。