スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)| このエントリーをはてなブックマークに追加 |

アサガオ類が全国で雑草化…大豆畑を覆い、収穫妨げる

1:◆SCHearTCPU :2010/09/23(木) 21:06:37 ID:???0

アサガオの仲間が雑草化して全国に広がっている。これから収穫期を迎える大豆畑では最近、
大豆に覆いかぶさり、収穫が難しくなるなどの被害が出るようになった。特に東海や九州で
被害が目立つ。放置されることも多く、農地周辺の生態系への悪影響も心配されている。
雑草化しているのは、熱帯アメリカなどを原産とするマルバアメリカアサガオ、ホシアサガオ、
マルバルコウなどで、近年に渡来したものが多い。夏から秋までだらだらと開花して、
ツルが農作物に巻き付く。成長を妨げたり、コンバインに絡まって収穫に支障が
出たりするなどの影響が出ている。

昨年、中央農業総合研究センター(茨城県つくば市)がまとめた都道府県(九州を除く)への
アンケートによると、大豆栽培面積約5万ヘクタールのうち、3.3%の1613ヘクタールで
雑草化が確認された。東海地方は25.8%にのぼった。愛知県独自の調査では、
大豆栽培をしている25市町村すべてで発生が見られ、大豆畑の48.9%に侵入していた。
温暖な気候を好むため、九州では2006年、07年の調査で、1~3割の大豆畑で見つかった。

大豆畑には、堆肥(たいひ)を通じて持ち込まれたようだ。畜産飼料向けの輸入穀物に
アサガオ類の種子が混入し、これを食べた家畜が未消化のまま糞(ふん)に出す。
それが堆肥として農地にまかれ、さらに農業機械などを介して広がったと疑われている。
ただ、畑以外でも雑草化しており、園芸用から広がった可能性もある。

秋田県立大学の保田謙太郎准教授は「農地周辺では、ツルマメやヤブツルアズキなど
在来のツル性植物と、生育場所の競合が起きている。ほかの在来植物にも覆いかぶさって
成長を妨げる。今後は生態系への悪影響も心配だ」と話している。

*+*+ asahi.com 2010/09/23[21:06:37] +*+*
http://www.asahi.com/science/update/0922/TKY201009220625.html



7名無しさん@十一周年:2010/09/23(木) 21:11:25 ID:ygNsqusx0

「リュウキュウアサガオは生物兵器、庭に植えてはいけない」
というのを2ちゃんで見たことがある



16:名無しさん@十一周年:2010/09/23(木) 21:18:35 ID:kM0f16QB0

>>7
根アサガオは宇宙生物だから。
ポットで買ってきたやつが成長して木になって、何百本とツル伸ばして勢力範囲増やしていく。
寒さに強くて12月まで咲いてるし。



【社会】アサガオ類が全国で雑草化…大豆畑を覆い、収穫妨げる
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1285243597/
[ 2010/09/28 00:40 ] 生き物 | Comment(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |

コメントの投稿






トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク

プロフィール

メールがこない人

管理人:メールがこない人
彼女からいつメールがくるんだろうか。

4/6
地味にTOP絵募集しております。
詳しくはこちら↓
はじめにお読みください(当ブログについて)

質問、要望ありましたら↓

メールフォーム



相互リンク・RSS大歓迎です。
連絡お待ちしております。

この日記のはてなブックマーク数
検索フォーム
逆アクセスランキング
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 彼女からメールが返ってこないブログ
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。