スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)| このエントリーをはてなブックマークに追加 |

【中国】1晩に雷が5738回 市民は「災いの前兆では」と不安あらわ―重慶市

1:月曜の朝φ ★:2010/11/12(金) 21:44:45 ???0

  重慶市の空が10日夜から11日にかけて、荒れに荒れた。同市雷被害防止センターに
よると、10日午後10時31分に最初の電光を観測してから、約9時間後の11日午前7時33分
までに、電光5738回、落雷310回を観測した。市民の間には「災いの前兆では」との声も
出て、市当局の専門家が否定した。中国新聞社が報じた。

  おおむね10秒間に1回の雷が、一晩中続いた。冬の雷は珍しく、古くから「立冬(11月
6日ごろ)を過ぎてからの雷は不吉」などの言い伝えがあるため、「災いの前兆か」と感じる
市民も出た。34歳の女性も「冬の雷は生まれて初めて。気象変動なのだろうか」と不安を
あらわにした。

  市の気象専門家は、「重慶市で冬の雷が珍しいことは事実」と述べた上で、「単なる
自然現象。不吉なことではない」と説明。重慶市は11月にしては、暖かい日が続いたが、
「寒冷な空気が南下してきた。今後は数日をかけて気温が徐々に下がり、寒冷な大気に
上空が全面的に覆われると同時に雷は少なくなる」との見方を示した。

**********

◆解説◆
  中国共産党は「科学的社会主義」を理念にしている関係で、“迷信”の打破に力を入
れてきた。しかし庶民の間では、「天変地異」と人間界の動きを連動してとらえる感覚が
根強い。例えば1976年7月28日の唐山大地震を同年9月9日の毛沢東主席の死去や、
同年1月8日の周恩来首相の死去と結びつけて語る人が、かなりいる。(編集担当:如月隼人)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1112&f=national_1112_037.shtml



3名無しさん@十一周年:2010/11/12(金) 21:45:35 ID:4w/er6g5P

>>電光5738回、落雷310回

それ自体が災いだろ禁止



780:名無しさん@十一周年:2010/11/13(土) 14:11:16 ID:9srYDl7n0

>>3で終了だと思ったのに、中国では違うのか・・・違うようだなw



【中国】1晩に雷が5738回 市民は「災いの前兆では」と不安あらわ―重慶市
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1289565885/
[ 2010/12/26 00:00 ] 自然・宇宙 | Comment(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |

コメントの投稿






トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク

プロフィール

メールがこない人

管理人:メールがこない人
彼女からいつメールがくるんだろうか。

4/6
地味にTOP絵募集しております。
詳しくはこちら↓
はじめにお読みください(当ブログについて)

質問、要望ありましたら↓

メールフォーム



相互リンク・RSS大歓迎です。
連絡お待ちしております。

この日記のはてなブックマーク数
検索フォーム
逆アクセスランキング
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 彼女からメールが返ってこないブログ
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。