スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)| このエントリーをはてなブックマークに追加 |

柔道はマジやばい 学校での練習 27年間で110人が死亡

1:愛ちゃん(中):2011/01/09(日) 17:17:19.97 ID:oLNn2nA20

中学校での武道必修化、子どもの柔道事故に懸念

【1月9日 AFP】
2012年度から中学校で柔道などの武道が必修となる。
その一方で学校での柔道の練習中に死亡する子どもの数は年平均4人以上というデータがあり、
安全対策が十分なのか疑問視する人もいる。村川義弘(Yoshihiro Murakawa)さんもその1人だ。

 滋賀県の中学校に通っていた村川さんのおい、村川康嗣(Koji Murakawa)くん(当時12)は、
2009年7月に過酷な練習が原因で死亡した。康嗣くんにはぜんそくの持病があり、入部の際には母親が学校側にその旨を伝えていた。

 しかし生徒たちの話によると、康嗣くんは事故当日すでに疲れ果てていたにもかかわらず、
年上の生徒と顧問を相手に乱取りをさせられた。最後に投げられた後に康嗣くんは意識を失って重体となり、その1か月後に死亡した。

 村川さんは「要因は複数ある。(指導者の質の問題として)まず、医学的に無知である。
事故が発生したときどのようにしたらいいか知らない人がいる」と語り、
子どもに十分な休憩を与えないなど安全への配慮が足りない指導者が一部にいると指摘した。
 村川さんを含む有志は前年3月、「全国柔道事故被害者の会」を設立。
学校で柔道を教える際の安全指針を作るよう政府に求めている。

■27年間で110人が死亡

 愛知教育大学(Aichi University of Education)の内田良(Ryo Uchida)講師の調査によると、
学校での柔道の練習で死亡した生徒の数は、1983年からの27年間で少なくとも110人に上る。
平均すると1年に4人以上の計算になる。最近も2010年11月に6歳の男児が死亡するなど、
2009~2010年だけで13人が亡くなっている。内田氏によると、投げ技など柔道特有の技によって亡くなるケースが多いという。

以下ソース
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2781906/6629423




4ニッパー(京都府):2011/01/09(日) 17:18:08.09 ID:ELkhn8re0

これはマジだよ
俺も高校のとき柔道部に所属してたんだけど先輩に背負い投げされて頭打って死んだ



10:北海道米キャラクター(dion軍):2011/01/09(日) 17:20:29.54 ID:dBBAiTVWP

>>4
やっぱ実体験は説得力あるわ



18:カールおじさん(チベット自治区):2011/01/09(日) 17:21:37.95 ID:ikPMDj050

>>4
死んだ経験がある人の言葉は説得力あるわー



19:Kちゃん(アラビア):2011/01/09(日) 17:21:48.95 ID:el0wqfZ20

>>4
ご冥福をお祈りします



44:トラッピー(福島県):2011/01/09(日) 17:25:52.31 ID:gaRz35xF0

>>4
成仏してください



柔道はマジやばい 学校での練習 27年間で110人が死亡 
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/news/1294561039/

無敵王者の柔道―世界を4度極めたテクニックのすべて (B・B MOOK 640 スポーツシリーズ NO. 512)
藤井 省太
ベースボール・マガジン社
売り上げランキング: 115372


[ 2011/01/10 13:00 ] スポーツ・格闘技 | Comment(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |

コメントの投稿






トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク

プロフィール

メールがこない人

管理人:メールがこない人
彼女からいつメールがくるんだろうか。

4/6
地味にTOP絵募集しております。
詳しくはこちら↓
はじめにお読みください(当ブログについて)

質問、要望ありましたら↓

メールフォーム



相互リンク・RSS大歓迎です。
連絡お待ちしております。

この日記のはてなブックマーク数
検索フォーム
逆アクセスランキング
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 彼女からメールが返ってこないブログ
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。