スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)| このエントリーをはてなブックマークに追加 |

13歳の美少女が歌う「史上最悪の曲」が話題

1名無しさん@涙目です(静岡県):2011/03/29(火) 22:22:56.44 ID:muvvA/jb0

13歳の少女が歌う「史上最悪の曲」、YouTubeで6200万回以上の大ヒットに

「史上最悪の曲」とまで評される、13歳の少女が歌った曲が
YouTubeで6200万回以上もの再生がされる大ヒットとなっています。
このビデオへ高評価を付けた人数は13万人ほどなのに対して低評価はなんと113万人。
圧倒的な不評となっているわけですが、はたして一体どのような曲なのでしょうか。
公開されたムービーや寄せられたコメントなど、詳細は以下から。
曲は「Friday」といい、歌っているのはレベッカ・ブラックというカリフォルニア在住の13歳の女の子。

この子がレベッカ・ブラウンです。
http://gigazine.jp/img/2011/03/29/worst_song_ever/Snap7_m.png
Snap7_m.png

彼女の両親がロサンゼルスにある「アーク・ミュージック・ファクトリー」という音楽会社に曲のプロデュースを依頼し、
先月YouTubeに曲がアップされました。

「yesterday was Thursday Thursday, today it is Friday Friday” and “tomorrow is Saturday,
and Sunday comes afterwards (昨日は木曜日、今日は金曜日。明日は土曜日、そしてその後は日曜日)」という、
あまりひねりのない歌詞がかえって注目を集めることになったようで、 Twitter上でも話題を集めているとのこと。
(中略)
また、世界初のニュース雑誌Time誌でも曲を「列車事故のよう」と評し、ビデオを「笑いがこみ上げるほど恐ろしい」とした一方、
「私はまだ見ていないけど、彼女は天才だと思うわ。
彼女のことを安っぽいとか言う奴はクソ野郎よ」と世界中で大人気の歌手レディー・ガガは擁護しています。

しかし、曲に対する散々な声とは裏腹に、全くの新人アーティストの曲が6200万回以上も再生されるということは、
歌手として大成功と言えるのかもしれません。
なお、レベッカ・ブラックはiTunesによる売り上げのうち、恐らく自分の取り分になる60%を自分の学校と日本へ寄付するとしており、
理由としては「日本が震災で大変な時期なのに、自分がメディアの注目を集めてしまった償い」とのことです。

http://gigazine.net/news/20110329_worst_song_ever/
http://www.youtube.com/watch?v=CD2LRROpph0



257:名無しさん@涙目です(愛知県):2011/03/30(水) 03:13:53.25 ID:CkMXIBcW0

>>1の日本語字幕付き
http://www.youtube.com/watch?v=vH--AdCVUek



327:名無しさん@涙目です(京都府):2011/03/30(水) 10:15:24.53 ID:otnPwUpQ0

>>1
なんかもっと期待したのに、どうでもいい感じ・・・・



13歳の美少女が歌う「史上最悪の曲」が話題に、レディ・ガガ「彼女は天才よ、私はまだ聞いてないけど」
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1301404976/
[ 2011/03/30 11:59 ] 音楽 | Comment(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |

[ 645 ]
やべえwめっちゃ鳥肌立ったわwww
2011/03/30 14:44
コメントの投稿






トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク

プロフィール

メールがこない人

管理人:メールがこない人
彼女からいつメールがくるんだろうか。

4/6
地味にTOP絵募集しております。
詳しくはこちら↓
はじめにお読みください(当ブログについて)

質問、要望ありましたら↓

メールフォーム



相互リンク・RSS大歓迎です。
連絡お待ちしております。

この日記のはてなブックマーク数
検索フォーム
逆アクセスランキング
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 彼女からメールが返ってこないブログ
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。