スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)| このエントリーをはてなブックマークに追加 |

朝、出かけにお兄ちゃんに、置き手紙ををした

237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/19(火) 07:19:16.18 ID:LX0TsV0cO


朝、出かけにお兄ちゃんに、置き手紙ををした。
「お兄ちゃん、お鍋にお豆がひたしてあります。
それを煮て、今晩のおかずにしなさい。お豆がやわらかくなったら、
おしょう油を少し入れなさい。」
その日も一日働き、私はほんとうに心身ともにつかれ切ってしまった。
皆で、お父さんのところに行こう。私はこっそりと睡眠薬を買ってきた。
二人の息子は、そまつなフトンで、丸くころがって眠っていた。
かべの子供たちの絵にちょっと目をやりながら、まくら元に近づいた。
そこにはお兄ちゃんからの手紙があった。
「お母さん、ぼくは、お母さんのてがみにあったように、お豆をにました。
お豆がやわらかくなったとき、おしょう油を入れました。
でも、けんちゃんにそれをだしたら、「お兄ちゃん、お豆、しょっぱくて食べれないよ。」
と言って、つめたいごはんに、おみずをかけて、それをたべただけでねちゃった。
お母さん、ほんとうにごめんなさい。でもお母さん、ぼくをしんじてください。
ぼくのにたお豆を一つぶたべてみてください。
あしたのあさ、ぼくにもういちど、
お豆のにかたをおしえてください。でかけるまえに、ぼくをおこしてください。
ぼく、さきにねます。あした、かならずおこしてね。
お母さん、おやすみなさい。」
目からどっと、涙があふれた。
お兄ちゃんは、あんなに小さいのに、こんなに一生懸命、生きていてくれたんだ。
私は睡眠薬を捨て、子供たちのまくら元にすわって、お兄ちゃんの煮てくれた、
しょっぱい豆を涙とともに一つぶ一つぶ、大事に食べました。



泣けるコピペはっていけよ
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1303150533/

コメントの投稿






トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク

プロフィール

メールがこない人

管理人:メールがこない人
彼女からいつメールがくるんだろうか。

4/6
地味にTOP絵募集しております。
詳しくはこちら↓
はじめにお読みください(当ブログについて)

質問、要望ありましたら↓

メールフォーム



相互リンク・RSS大歓迎です。
連絡お待ちしております。

この日記のはてなブックマーク数
検索フォーム
逆アクセスランキング
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 彼女からメールが返ってこないブログ
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。