スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)| このエントリーをはてなブックマークに追加 |

この文章を淀みなくスラスラ読める奴いるの?

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/17(日) 07:52:14.44 ID:RhSWnbGE0
ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。
よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。
世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。 
たましきの都のうちに、棟を並べ、甍を争へる、高き、卑しき、人のすまひは、
世々経て尽きせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。
あるいは去年焼けて今年作れり。あるいは大家滅びて小家となる。住む人もこれに同じ。
所も変はらず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二、三十人が中に、わづかにひとりふたりなり。
朝に死に、夕べに生まるるならひ、ただ水のあわにぞ似たりける。
知らず、生まれ死ぬる人、いづかたより来たりて、いづかたへか去る。
また知らず、仮の宿り、たがためにか心を悩まし、何によりてか目を喜ばしむる。
その、あるじとすみかと、無常を争ふさま、いはば朝顔の露に異ならず。
あるいは露落ちて花残れり。残るといへども朝日に枯れぬ。
あるいは花しぼみて露なほ消えず。消えずといへども夕べを待つことなし。




この文章を淀みなくスラスラ読める奴いるの?
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1263682334/
[ 2010/01/17 09:00 ] ネタ | Comment(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加 |

コメントの投稿






トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク

プロフィール

メールがこない人

管理人:メールがこない人
彼女からいつメールがくるんだろうか。

4/6
地味にTOP絵募集しております。
詳しくはこちら↓
はじめにお読みください(当ブログについて)

質問、要望ありましたら↓

メールフォーム



相互リンク・RSS大歓迎です。
連絡お待ちしております。

この日記のはてなブックマーク数
検索フォーム
逆アクセスランキング
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 彼女からメールが返ってこないブログ
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。